医療法人社団創和会

011-582-8118 オペ室完備・インプラント治療対応

メニュー

入れ歯

HOME > 当院について

多くの方が入れ歯で困っています

  • 入れ歯が痛い
  • 会話や食事で外れてしまう
  • うまく噛めない

その結果

何度も入れ歯製作をしたが合わない
少々合わなくても仕方ない
少しくらいは我慢しないといけないのか・・・
旅行に行くのが不安・・・
家族と同じものが食べられない・・・
入れ歯1つが様々な悩みをもたらして
いるように感じております

そんな風にあきらめていませんか?

新しい入れ歯になかなか慣れずに顎や筋肉、
関節が順応するための期間が必要な方がいらっしゃることは事実です。

例えば…

初めて入れ歯を装着される方
正しいかみ合わせを顎自体が見失っている場合
正しくないかみ合わせの入れ歯を長期間使用し、
顎が入れ歯に無理に順応してしまっている場合

このような方は期間がかかることがあり、
ずれのある入れ歯を何度製作しても結果は改善されません
しかし期間が必要な方でも正しい形態とかみ合わせの入れ歯を装着すると
顎の機能は回復し順応してくれます
条件が良い患者さまは期間があまりかからずに咀嚼や発音の機能が回復していきます。

合う入れ歯と合わない入れ歯の違いはどこにあるのか?

そもそも入れ歯が果たす役割とは?
失った歯と、それに伴い痩せてしまった顎の骨や歯茎を回復し
発音や咀嚼機能を回復する役割を果たす装置です

それらの機能を回復できていない入れ歯は合わない入れ歯
体と調和していないという事です

合わなくなる入れ歯になる理由は大きくわけて2つ挙げられます。

1.はじめは合っていたが徐々に合わなくなってきた
→新しく作り直すか修理、調整をする
2.新しく作った段階でずれている(製作段階で生じるズレ)
→製作段階でのズレを出さない

ほとんどの入れ歯が従来の入れ歯の製作方法で
起きてしまうズレが原因で合わない

Pommeシステムは製作段階のズレを出さない
独自の入れ歯製作です

従来の入れ歯の製作方法

  • 概形印象(大まかな型どり)
  • 個人トレー印象(精密な型どり)
  • 咬合採得(かみ合わせの決定)
  • 試適(適合、歯並びの確認)
  • 完成~お渡し

Pommeシステム

  • 概形印象(大まかな型どり)
  • 特殊装置での精密印象と咬合の同時採得
  • 前歯の排列、確認
  • 全体の歯並びと適合確認
  • 完成~お渡し

Pommeシステムと従来の入れ歯製作の違い

型どり段階での違い

従来はお口の大きさに合わせたトレーを製作し、お口を開けた状態でドクターの手の力で圧接し型を取るのが一般的です。
しかしそこにすでに問題があります。
入れ歯で物を噛む時は、顎の力で入れ歯が歯茎を押しており、さらにお口は閉じた状態で物を噛みます。

型どりはただ歯茎の形を取ればよいというわけではなく、実際に物を噛む時と同じ状態の形を取らなくてはいけません。
しかし従来の型どりは物を噛む時のお口の形とは程遠い、開いた状態で術者の力加減で押された歯茎の形が取れてしまいます。
入れ歯が痛い原因は、この型どり段階でのお口の形と実際に噛む時のお口の形のズレによって起こることが非常に多いのです。

Pommeシステムでは特殊装置を使用することで、
上下同時に顎の力を使って同圧で型をとることが可能です。

かみ合わせを決定する段階での違い

従来のかみ合わせを決定する際に使う装置は、基礎床と呼ばれるプラスチックの基盤の上にワックス(ろう)を乗せた物を使用します。 ワックスを熱で柔らかく、噛みやすくしてお口に装着し実際に噛んで頂くのですが、ワックスの柔らかさが均一でないと前後左右のかみ合わせのズレが出ます。
その時のズレが、入れ歯がうまく噛めない原因になります。

Pommeシステムでは、噛み合わせを決定する際にも特殊装置が有効に働き、
顎が心地よく噛める位置をワックスに制約されることなく点で探し出すことができます。

試適段階での違い

従来の試適とは、噛み合わせを決定した後にワックスの上に人工歯という入れ歯の歯になる部分をすべての歯数分並べたものをお口に合わせる作業ですが、お口に入れたときに強く噛んでしまうとワックスが変形し全体のかみ合わせが曲がってしまう恐れがあります。
その僅かな変形に気付かずに、曲がった歯並びのまま入れ歯が完成してしまうと発音しずらく、噛みにくくなってしまうのです。

Pommeシステムの特殊装置は金属製なので、噛み合わせたときの変形は起きません。
また、歯並びの排列は前歯と奥歯の2段階で行うため、発音や見た目の確認を前歯で行い、噛み合わせの確認を奥歯で区別して歯並びを決定していきます。

Pommeシステムと従来の入れ歯製作の違い

当院での入れ歯製作のシステムはお分かりいただけましたでしょうか?
提携歯科医院のみ限定した共同システムのため写真でお見せできないのですが、
今まで入れ歯でお困りの方、もう少し快適な入れ歯を使ってみたい方、
初めて入れ歯を使用することになった方。
様々な理由で入れ歯を使用していることと思います。
そのような方はあきらめずに是非ご相談ください。

Pommeシステムで保険適応の入れ歯も
保険適応外の入れ歯も製作可能です

アクリルデンチャー<保険適応>

  • レジン粒子が若干粗いので変形、変色がある
  • レジン粒子が若干粗いので割れることがある
  • 修理調整が行いやすい
  • 長期間の使用で摩耗が起こる

イボカップデンチャー<保険適応外>

  • 従来の入れ歯より変形が少ない超精密義歯
  • 重合時のレジン収縮を加圧補充し、高い適合性
  • 衝撃に強く、臭いが付きにくく変色しにくい
  • 自然な状態の歯並びと人工歯肉の形を綿密に設計
  • 成形時の変形が最も少ない方法で成形する
  • 調整も余り要らなず快適にフィットした状態

シリコンデンチャー<保険適応外>

  • 入れ歯の歯茎に当たる部分を柔らかいシリコン製
  • アクリル、イボカップ両方に張り付け可能
  • 調整、修理が困難
  • シリコン部分の維持のため専用の洗浄剤が必要
  • 痛みが強い方にとても有効